おすすめ低予算DIYちょっとした家具を作る場合の材料選び

おすすめ低予算DIYちょっとした家具を作る場合の材料選び

最近大流行の『DIY(Do it yourselfの略、自分で出来ることは自分でやろうという意味)』ですが、何をどうやったらいいのか分からな~いって方いますよね。

まず【最低限必要なものってなんだろう~?】って所から考えて見ましょう!

初めてDIYをするならこの材料!

最初に『絶対必要!なのは材料』ですよね!

DIYで材料がないと作品になりませんからねw

DIY初心者が最初に家具を作ろうと思ったら、材料は木材!

まあ、最初なのに木材以外で作ろうなんて考える人は少ないと思いますが・・・

では、DIYで初めて家具を作るにはどの木材を使えばいいのかが、まずは分からないですよね。

どの様な材料が良いのか

木ならなんでも一緒だろうと、適当に一番安い物を使うと見た目もそれなりの貧相な作品になってしまいます。

なぜ貧相な見た目の作品になってしまうのかというと、安い木だからです。

《安い木=悪い木・貧相な木》という訳ではなく、安い木というのは伐採や加工に手間が掛かっていないから安いのです。

木工職人などになると木の種類から年数にもこだわり、伐採された木を自分で加工して材料にします。

ですが、DIYそれも初心者ともなれば家具の材料にする為の木の加工までは出来ませんし、しようとも思いません。

初心者の場合、買ってきた木をいきなり家具の形に作り上げようと加工するだけで精一杯なのですから、表面の加工は軽く均す程度が限界です。

安い木とは、表面は切断したそのままなのでワイルドなテイストの家具を作ろうと思っていない限り、表面を磨かないとそのままでは使用出来ません。

では、初心者でも使いやすい木材とはどういったものが良いのかというと、まず最初は【SPF材】を使いましょう!

ホームセンターで売っているSPF材は、大抵表面加工がある程度されているものが売っています。

(中には表面加がされていないSPFも売っているのでご注意ください。)

SPF材ならほぼ間違い無しでちゃんとした作品が作れます。

 

このSPF材は主に室内で使うのに適しています。

屋外で使用したい場合は、防腐剤注入してあるものがあるのでそちらを使用してください。

 

このSPF材は初心者向けの木材ですが、DIY愛好家の方も好んで使われるぐらい加工もしやすいですし仕上げもしやすいです。

元々、表面が加工されてますのでザラザラした木肌ではなく割りとすべすべとしていて平らになってます。

 

よくホームセンターで、安い合板(ベニヤ板等)を買っている方を見かけますが、安い合板は仕上がりを綺麗にするのにかなりの腕前と道具と知識が必要です。

初心者DIYの方には無謀な材料!

特に、家具を作ろうと思っているならば絶対に安い合板ではなく表面が綺麗に加工されている合板を使用しましょう!

使うならば見えない場所、例えば棚の背板などに使いましょう。

 

材料のサイズ

ホームセンターで売っているSPF材ですが、規定のサイズがあります。

SPFは、いわゆる《2×4(ツーバイフォー)》と呼ばれる木材ですが、2×4とは木口の断面のサイズを指していて厚さが2インチ、幅が4インチとなっており、1×6とか1×4、4×4などあります。

海外の規格のものなのでこういう表示方法をしていますが、1が19mmだと覚えてもらえれば大丈夫でしょう。

4は89mm、6が140mm、8が184mm、10が235mmと大体このサイズぐらいまではホームセンターにあると思います。

 

長さはホームセンターによりけりですが、1mだとか3m単位の物も置いてありますが基本はフィートの長さが多いかと。

私が見た限りだと、3フィート(914.4mmですが910mmに切ってあるようです)から置いてあります。

6フィート(1820mm)8フィート(2430mm)10フィート(3040mm)と、おおよそこのサイズで売っています。

長さや幅、厚みなどは作りたい物のサイズに応じて選ばれると良いと思います。

幅などに関しては、4インチを3つ合わせれば356mmになるのでその辺を計算されると幅も変えられます。

1×材の幅広い物になると、反り返りが起こりやすいのでご注意ください。

ご参考に私が製作した棚です。

1×4材と1×2材で作った棚ですが、この様に3つ並べて幅広く使用した方が反り返りも抑えられます。

これで材料の1つはSPF材で決定!

技術力が上がってくれば他の木材も使いこなせるようになるので、まずはここからスタートすると良いですよ^^

ご参考に役立てて頂けたら幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

カテゴリの最新記事