DIYで作ろう【砂場】のかんたんな作り方

DIYで作ろう【砂場】のかんたんな作り方

IMG_0962

 

砂場といえば公園ですよね。

子供が大好きな砂場。

すぐに連れて行ってあげられれば良いけど なかなかそうもいかないですよね?

それなら家に砂場を作ってしまえばいつでも遊べます!

今回はDIYでかんたんに低予算でご自宅に砂場を作る方法をご紹介します。

 

かんたんに作る砂場ということで、難しい事はほとんどなく、更にかんたんだからこそ低予算で出来るDIYです。

今回ご紹介する砂場の作り方は、かんたんなやり方なのでご自身でちょっと手を加える事も出来ますし、サイズも自由に調整が可能となっています。

なので、そのまま同じ物を作るのも良いですが、オリジナルの砂場になる様に手を加え作る楽しみと遊ぶ楽しみを是非ご堪能ください。

 

DIYで家の庭にかんたんに砂場を作る方法場所の選定

 

今回ご紹介する砂場の大きさは、縦横約1mの正方形の形です。

大きさはご自身で簡単に変えることが出来ますので、ある程度の面積が取れる場所を選んでください。

砂場を作るのに重要なのは、なるべく日が当たり水はけの良い所を選んで下さい。

何故かと言うと、雨が降れば濡れますよね。

雨が降った後、日が当たらない場所だと砂場が乾かないんです。

乾かなければ、折角作ったのに子供を遊ばせられない事になっちゃいますし、コケが生えたりカビが発生する事もあります。  

そして、砂場の枠は木製なので湿ったままになると木が腐ってしまいます。

 

DIYで庭に砂場を作るための材料選びと用意

材料は、シンプルに砂場の枠になる木材と砂と塗料だけです。

砂場を作る為の道具で用意するものは、シャベルドリルビス(なければ釘と金槌でも良いです。)。

木材はSPF材やツーバイフォー(2×4)材の防腐剤注入済みの木材を使用しましょう。

 

これは、木材を防腐・防虫する薬液が注入されたもので長持ちします。

もしくは、お好みでアイアンウッド系の物でも良いですが、アイアンウッドは加工が非常に難しいので必ずドリルと電動のこが必要です。

この他はプラスティック等もありますが、今回の砂場は予算を安くする為に木で作りますので使用される場合はプラスティックの接続方法を調べてから使用してください。

砂はお好みですが、川砂と海砂のどちらかが安くで出来ます。

普通の砂に抵抗がある方は、抗菌砂という子供の砂場用の砂があります。

 

15kgの4袋セットになっているので、丁度良い量となっています。

普通の砂と違い、抗菌処理されているので値段は上がってしまいますが、安心安全をお考えならおすすめですが、抗菌砂は少し固まり難くなっています。

サンドアートとまでは言わないですが、ちょっとした造形を作るといった物には向いていないのでご注意ください。

 

そして、接合に使うビス、もしくは、釘はステンレス製を使用しましょう。

ステンレスは、錆びにくいので安心して使用できます。

 

DIYでかんたんに砂場を作る 用意する物

 

木材

SPF材防腐注入済み 2m×2本

 

塗料 

なるべく有害物質の無い物が良い。    

私はキシラデコールを使用しました。

詳しくは【通常在庫品】油性キシラデコール 0.7L各色からご覧下さい。

 

  

川砂か海砂 お好みにより抗菌砂など

私は60リットルぐらい使いました。

 

ビス又は釘 

ステンレス製 8本 75mmの長さがあれば充分

 

塗料を塗る物 

刷毛か台所用スポンジ(安いので充分)

 

シャベル

 

 

 

DIYでかんたんに砂場を作る 施工方法

※1m×1mの砂場を作製する場合の施工方法となっています。大きさを変更したい場合は、必要な長さの木材と砂をご用意下さい。

1.2mの木材2本をホームセンターで購入します。(なるべく防腐処理されている木材を使用してください。防腐処理されていない木材だとすぐ駄目になってしまいます。)

 

2.ホームセンターで2本の木材を半分にカットします。

(これはホームセンターによりますが、1カットまでは無料だったり自分で道具を借りて切るなら無料だったりするので確認しておいてください。)

 

3.家で木に塗料を塗ります。

(2度塗りぐらいは最低したほうが良いのでまず1回目塗って放置時間に地面を掘れば良いです)

 

4.まず大まかに地面を削ります。

深さは3~5cmもあれば充分ですので深く掘り過ぎないように気を付けて下さい。(地面と同じ高さに設置したい場合は、木材の幅まで掘りましょう。)

 

5.塗料が乾いた所で木枠を組みます。

  組み方は、ビスまたは釘を一箇所あたり2本打ちます。

IMG_0963

6.木枠をあてがいながら木枠が水平になるように地面を掘って削る。

   ※この時に、出来れば水平器を使用するときれいに水平に設置出来ます。

 

7.木枠を置いたら、枠の周りの隙間に掘り出した土を入れて埋める。

 

8.買ってきた砂を入れる

(量はお好みで買って頂いて大丈夫です。私はホームセンターで砂袋《土嚢袋》3袋に詰めて購入してきました。)

 

と、この様にかんたんにDIYで砂場が作れます。

この作成方法に少し手を加えるとしら、座れるように座面を付けてあげたり、庭のないマンションの方なら底面にベニヤ板などを付けると良いでしょう。

ただし、底面にベニヤ板を取り付けた場合、砂場で水を使うと板に染みこんでしまい腐ってしまいます。

水を使って遊びたい場合は、底面の板に水が浸透しないように作る必要があります。

 

以上が、DIY低予算でかんたんに砂場を作る方法です。

 

参考までに我が家の砂場の写真を載せます。

IMG_0962 IMG_0963

この画像は、設置から1年経過した状態です。

特に何事も無く使用出来ています。

この砂場の製作費用は、2000円程度で出来上がりました。

 

・2018年6月 

設置から3年ほど経過しましたので経過をご報告いたします。

現在、木材の腐れなどもなく設置当時と特に変化はありません。

やはり防腐剤注入がされているおかげか、設置時に塗装してから一度も塗装していないですが大丈夫でした。

砂に関しては、多少減ったのでつい最近川砂をバケツ3杯継ぎ足しました。

 

ご参考に役立てて頂ければ幸いです。

 

最後まで読んで頂き有難う御座います。

カテゴリの最新記事