【低予算!DIYでちょっとした家具を作るには?】の疑問に役立つ情報 塗料選び

【低予算!DIYでちょっとした家具を作るには?】の疑問に役立つ情報 塗料選び

 

今回はDIYで家具を作った場合の塗料選びについての情報です。

 

折角自分で作った家具なんですから、

ホルムアルデヒド等有害な物質が含まれていては元も子もありませんよね。

出来れば人に優しい物で仕上げたいはずです。

 

[ad#add-ue]

 

おすすめの塗料

 

まず、塗料ですが

 

DIYで作った家具に塗るお勧めの塗料は

 

【VATONとWATCO】です!

 

こちらをお勧めする理由は、まず環境安全等に非常に優れているからです。

 

 

塗料の性質

 

VATON

 

健康住宅ガイドラインにて

ホルムアルデヒド、トルエン、可塑剤及び防虫防腐・防蟻剤等を規制することを徹底しており、

VATONではこれらの物を安全第一に考え一切含有していません。

 

植物油を主原料としており、

溶剤には食品や医薬品にも使用できる

FDA(米国食品医薬局)認可基準に適合するグレードの物を使用しています。

乾燥した塗膜は厚生労働省食品衛生法や食品添加物等の規格にも合格しています。

 

 

WATCO 

 

植物油からなる浸透性塗料。

ヨーロッパで作られたワトコは

欧州規制に基いた(有害化学部質の供給に関する情報及び梱包)、

英国健康安全委員会の(健康に及ぼす県境規定)にて

溶剤及びその他の構成物に有害物質に分類されている成分は含有していません。

 

 

どちらも子供さんがいるご家庭でも安心して使用することが出来るものです。

 

[ad#add-naka]

 

おすすめ塗料の使用感

 

どちらも植物油から出来ていますので植物の匂いがします。

 

お好みの方の匂いで選ばれても良いかと思います。

 

私は値段が若干ワトコの方がお高いですが、

ワトコの方が好みなのでよく使用します。

 

バトンもワトコも浸透性の塗料ですので色むらになりにくく

初心者の方でも塗りやすいので失敗することも無いでしょう。

 

 

おすすめの塗料の塗り方

 

大体この商品の説明では刷毛で塗る方法ばかりですが、

私は台所用スポンジを使用します。

 

安いスポンジで良いので塗りやすい大きさに切ったりして使用します。

 

なぜ刷毛を使わないのかと言いますと、

刷毛は抜けた毛が引っ付いたりしますよね。

 

まあ、ペンキとは違って表面で硬化するわけではないので良いとは思いますが

隙間に挟まって取れにくかったりするのが嫌なのと、

意外と刷毛より塗りやすいんです。

 

ほどよく塗料を吸い込んで軽く塗っていくだけで良いし、

付きが悪くなって来たぐらいで少し潰した感じで塗っていくとまだ塗れます。

 

あとは刷毛より安く済む上に刷毛だと使用後洗わないといけませんが

スポンジだと使い捨てで良いんです!

 

放置しとけば乾燥するので乾燥した後に捨ててしまえば終わりです。

 

 

 

これでDIYでおすすめの塗料は終わりです。

 

ここまで読んで頂き有難うございます。

 

今後は私の作品等の紹介もしていきたいと思っておりますので、

宜しければその際はご参考にされてみてください。

[ad#add-sita]

内装カテゴリの最新記事