車の磨き傷や引っかき傷を消す方法

車の磨き傷や引っかき傷を消す方法

 

車の塗装面に付く微細な傷って良く見ないと分からないですが、洗車した時などに気付くと結構気になってしまいますよね。

特に、お気に入りの車の場合だと尚更気になってしまいます。

塗装が傷付いていない様な引っ掻き傷だからと言って、洗車した時に強く拭けば消える訳ではありませんし、逆にそんな事をすれば余計傷つきます。

車の塗装って、案外脆いので拭く時のウエスがバリバリなだけで拭き傷が付いてしまいます。

 

それに、日常でも車を使用しているとちょっとしたことで傷が付いてしまいますよね。

良く見ないと分からない程度の傷ですが、乗り込む時に靴などが当たる場所ならば集中して傷が付く事が多いですし、気付かなかった場所に付いた傷などは日が経つにつれ汚れが傷部分に入り込み、目立って来てから気付く場合が多いです。

 

車に付いた傷を消す方法

 

車の塗装に付いた引っ掻き傷を消す方法は、深い引っ掻き傷でなければ研磨剤(コンパウンド)で磨くと大抵は綺麗に取れます。

深い引っ掻き傷は、塗装の下の下地や鉄板まで達していればそもそも塗装自体が無くなっている為、磨いても傷が消えることはありませんし、磨けば更に酷い状態になってしまうので絶対に磨かないでください。

 

下地や鉄板まで達している傷は、塗装し直さなければ綺麗にする事は出来ないので素直に専門業者に依頼しましょう。

ただし、レクサスの一部車種が採用している《セルフリストアリングコート》(耐すり傷向上塗料)や、日産のスクラッチシールドなど表面の劣化を防ぐ特殊な塗装に対してはコンパウンドで磨くのは避けた方が良いでしょう。

 

もしくは、タッチアップペンで綺麗に分からなくする事も出来ますが、非常に繊細な作業を伴うので、このやり方はあまりおすすめはいたしません。

ですが、鉄板まで深い傷が付いた場合は錆が発生してしまうので応急処置としてタッチアップペンを塗ることはおすすめします。

タッチアップペン処理は、飛び石によるボンネットやピラー部分の傷は特に早めに処理したほうが錆の発生を防げますので、タッチアップペンを常備しておくと良いでしょう。

タッチアップペンは、車体の色番号で販売されています。

似たような色だからと、適当に購入して塗った場合、塗って見ると結構色が違って目立つので必ず同じ色番号のタッチアップペンを使用しましょう。

色番号の調べ方は、車体本体に型式表示プレートが取り付けられており、そこのCOLORと表示された部分に表記されています。

型式表示プレートはメーカーや車種により場所がバラバラですので、『ソフト99《カラーナンバーの調べ方》』こちらをご参考ください。

因みに、タッチアップペンで傷を綺麗にわからなくする方法はこちらの動画がおすすめです。

 

 

さて、車の塗装に付いた傷といっても色々な傷があります。

その傷に合わせて磨き方が違ってきます。

まずは、傷の状態を把握してから準備に入らないと、間違った対応で傷が消えなかったと言う事になってしまうので注意しましょう!

 

スポンサーリンク

車の塗装を理解し、付いた傷の状態を把握する

 

車に付いた傷と言っても千差万別あります。

それこそ、傷が付いていると思っていたら実は汚れだったということもあるので、まずは塗装に付いた傷がどの程度なのか、塗装とはどうなっているのかを確認することから始めましょう!

 

傷を確認する前に、洗車は必ず行いましょう!

その際に、鉄粉取りの粘土クリーナーを使うことによりタールやピッチ、虫の死骸などの汚れが取れ、実は傷じゃなかった何てこともあるので粘土は使うことをおすすめします。

 

車の塗装とはどのようになっているのか

まず鉄板があって、その上に防錆や塗装素材との付着性の為の電着塗装があり、その上にプライマー(上塗との付着性を確保する)が塗装されておりこの2層が下地となっています。

そして、下地の上に下色の塗装が塗られその上にベースコートという本塗りがされその上にクリアコートが塗られています。

因みに、パール塗装の車の場合ベースコートを塗った上にパールコートが塗られてからクリアコートとなる為手間が掛かるので、オプションでの選択色となっており追加料金が掛かるのです。

 

どの程度の傷なのか診断する

塗装に付いた傷を確認する場合、大きな傷や塗装と違う色の傷なのか汚れなのか判別できない場合、最初は軽く指先で撫でる様に触ってください。

塗装面より凹んでいれば傷で、出ていれば汚れや他の物の塗装などが付いている事がほとんどです。

 

塗装面より出ている傷

 

特に、乗り降りするところに付く黒い線傷のようなものはほとんど靴の塗料やゴム、皮の素材が擦った際に付着することが多くそれを傷と見間違えタッチペンを塗ってしまっている車を見かけることがあります。

この様な傷に見える塗料やゴム、皮などの何かしらの物が付着していた場合、粘土クリーナーで簡単に落ちてしまう場合もありますし、落ちにくくても多少剥げたりします。

この様な場合の傷は塗装にダメージが少ない傷となります。

 

粘土クリーナーはトラップ粘土と呼ばれる事もあります。

主に、ボディーに付いた鉄粉や鳥の糞や虫の死骸、ピッチやタールなど塗装の表面に付着した物を取り除くのに使います。

洗車をして拭き取る時、ウエスや手で触ったときにざらついている場合、それは塗装の表面に鉄粉やその他の異物がこびり付いているからです。

この粘土クリーナーを使用すると、その異物を絡め捕ってつるつるのボディーになります。

ですが、使用には注意が必要で必ず水を掛けながら使用しないといけませんし、力を込めて使用してしまうとボディーに傷が入ってしまいます。

何しろ、粘土に鉄粉が引っ付いて取る為、粘土に鉄粉が付いた状態でボディーの上を動かすので、塗装に傷が付き易いのです。

付着物を粘土クリーナーで綺麗にして、ボディー全体の鉄粉も取りたいなと思っても粘土クリーナーを使うのが苦手そうだなと言う方や面倒くさいという方には、鉄粉除去クリーナーがおすすめです。

 

鉄粉を溶かして、ボディーを綺麗にしてくれるクリーナーです。

日産のピットワーク製なので、安心して施工出来るので大変おすすめです。

車全体に使用すると一本使い切ってしまうようで、鉄粉が酷い場合は1度の施工では落としきれない様なので2本用意したほうが良いようです。

それでも落としきれない場合は、軽く最後に落ち切れなかった汚れの部分だけに粘土クリーナーを使用すると良いでしょう。

ただし、鉄粉除去に特化している為、鳥糞や虫の死骸、ピッチやタールの除去力は弱いので取り切れなかったこれらの汚れは粘土クリーナーを使用すると大体除去出来ますので、塗装の劣化を防ぐ為にも必ず使用してください。

 

塗装面より凹んでいる傷

 

次に付着物では無い明らかな傷の場合の診断として、触っても分からない程度の薄い線傷や洗車傷のような光が当たると見える傷はクリア層の表面に入った傷で、コンパウンドなどでかんたんに綺麗にする事が出来る傷です。
i

 

では、触って分かるか分からないか微妙な傷の場合ですと、軽く爪で撫でた時に引っ掛かりがあるか無いかの2パターンに分ける事が出来ます。

引っ掛からなければそれほど深い傷ではないのでコンパウンドで磨けば綺麗に出来ますが、引っ掛かる傷の場合、クリア層の下のベースコート近くかベースコートまで傷が達している場合があります。

この様な少し深めの傷の場合、コンパウンドである程度綺麗にする事は出来るのですが、中目もしくは粗めのコンパウンドから磨かないと傷は消えません。

 

明らかに下地まで達している傷の場合は綺麗に消す事は出来ないので目立たなくするというぐらいの前提で作業をするか、綺麗にしたいと言うのであれば塗装屋さんに頼みましょう!

 

車の塗装に付いた薄い線傷等をきれいにする(消す)方法

まず、触っても分からない程度の薄い線傷や洗車傷のような光が当たると見える傷をきれいにする方法です。

方法としては、傷消し剤の入ったワックスを使用する方法と、コンパウンドで磨いて消す方法があります。

 

 

傷消し剤の入ったワックスは、種類により違いがあります。

種類としては、微細な研磨剤が含まれたタイプや色味が付いたコーティング剤が傷に入り込み目立たなくしてくれるタイプ、膜厚のコーティングにより微細な傷の凹凸を平坦にし目立たなくなるタイプに分かれます。

根本的に研磨剤の入っていないタイプの傷消しワックスだと、傷自体は変化していないのでワックスが落ちれば傷が目立ってきますので、傷を消す事に関しては解決しません。

研磨剤入りのワックスの場合、塗装を薄っすらと削って傷を消してくれますが注意しなければいけないことは、研磨剤が入っていて削るので洗車の度に使ってはいけない!と言う事です。

何故かといいますと、毎回洗車するたびに使用すると塗装を削っていくのでクリアが剥がれ艶が無くなっていき色が薄れてくるからです。

再度使用する場合は、傷がまた付いて目立つようになってきたら使用するという具合に年に1~3回程度が良いでしょう。

 

ワックスタイプでは無い、細かい傷を消すのに向いているのは微粒子のコンパウンドを使用します。

 

こちらは、ウィルソンの鏡面コンパウンドで昔から販売されておりロングセラーで人気のコンパウンドです。

柔らかめのペースト状で、専用スポンジがセットになっていて内容量も220gと大容量なので大変お得です。

車全体に使用してもちょっと余るか、丁度使い切る量となっています。

 

爪が引っ掛かるかどうかの薄い線傷をきれいにするならば、この様なタイプのコンパウンドを使用するときれいに消す事が出来ます。

3000と書いてあるボトルは、研磨力が強いのである程度傷が目立たなくなったら、番手を上げ次の7500のボトルに変え最後に9800のボトルを使用すれば艶々になります。

 

なるべくならば、研磨剤入りのワックスやコンパウンドを使わなくて良い様に傷が入らない洗車やガラスコーティングを施工するか、簡易でも良いのでガラス系コーティングを施工しておくとベストな状態が長期間保てます。

 

◎こちらの記事で洗車方法やガラスコーティングをご紹介しております。

●『正しい洗車のやり方と絶対にしてはいけない洗車方法』

 

●『夏でも施工出来るおすすめのガラスコーティング』

お得なガラスコーティング剤ですと、おすすめはMR-FIX 9Hというセラミックガラスコーティングがコスパ最強です。

 

送料込みで千円程度と安く、硬度9Hの強固な皮膜で傷の入らないボディーにしてくれます。

自身の車に施工しているのですが、ある時狭い道で離合の際に飛び出た木の枝でボディーを擦ってしまいました。

きぃーーーっ!っと音が聞こえるほど擦れてしまい、傷が入ったのを覚悟して家に帰って確認したところ、まったく傷が入っておらず、むしろ何処を擦ったのか全然分かりませんでした。

i

 

高いガラスコーティングを施工すれば、艶や撥水性などは抜群に良いでしょうが、そこまで求めていないという方や、中古車や年数の経った車だから高額なお金を掛ける必要がない方や小さなお子様がいる方に大変おすすめです。

by カエレバ

このMR-FIX 9Hは、非常に施工性も良く初めてコーティングをする方でもかんたんに施工出来ます。

MR-FIX 9Hは撥水性ではなく疎水性ですので、コロコロとした撥水をお求めの方は、MR-FIX 9Hはベースコートと考え普段の洗車で撥水性の簡易コーティング剤を施工すると良いでしょう。

撥水性の簡易コーティング剤でおすすめなのは、キラサクGPが撥水性能も持続も良く、今一押しの撥水コーティング剤です。

 

少し深めの傷をきれいにする(消す)方法

 

先程も述べましたが、軽く爪で引っ掛かるかどうかぐらいの傷ですと綺麗に出来ますが、ベースコートから下地まで達した傷はきれいには消せません。

この様な深い傷の場合は、現状より目立たなくするつもりで作業されて下さい。

磨きも、ほどほどでやめないと研磨した場所のクリアーを全て削ってしまい艶がなくなってきますので注意しましょう。

 

使用するのはコンパウンドとなり、粗目→中粗→細目→仕上げを使用しますが、更にきれいな艶が出したいという場合は鏡面や超微粒子と表記のあるコンパウンドを使用すると抜群の艶が出せます。

 

 

粗目や中粗などの表記はメーカーによりバラバラですので、なるべく番手で判断すると良いです。

粗目ですと1000番前後で、中粗ですと1500~2500番ぐらいで、細目だと3000~4000程度、仕上げだと5000~7000ほどとなります。

因みに、超微粒子や鏡面仕上げだと9000ぐらいからとなり20000番まであったりします。

注意しなくてはいけないのは、番手の数が小さいほど研磨剤(コンパウン)に含まれる粒子が大きくなり削る力が強いので、磨き過ぎるとクリアまで簡単に削り落としてしまいますので程々で次の番手を使用しましょう。

初めてコンパウンドを使用する方ですと、傷判断でコンパウンドを使用しなければいけないことは分かって頂けた事とは思いますが、どの番手が適切か分からないまま粗目をいきなりいきなり使用すると余計に傷が入ったりしますので、まずは軽い傷ならば細目から、少し深そうな傷ならば中粗程度から使用しましょう。

 

細目や中粗を使用して、傷があまり消えそうに無い場合に番手を1つ下げると良いです。

 

そこから、【傷が目立たなくなる程度に磨いたら番手を上げて磨き、目立たなくなった傷が更に判りにくくなったらまた番手を上げて磨く】とやっていくと、傷はきれいさっぱりと消えるかよーく見ないと分からない程度になります。

 

コンパウンドを使用する場合の注意事項

 

まずは、一番注意しなければいけないのは天候です。

夏場の晴れの日、ボディーが熱い状態での使用は絶対に避けてください。

ボディーの熱により、コンパウンドが焼き付いてしまいシミの原因になりますし、とてもじゃないですが施術し辛いです。

出来れば、ボディーが熱を持たない程度の晴れの日か、屋根のある場所で施術してください。

あとは、雨の日に濡れながら使用することは無いとは思いますが、雨の中使用はしない方が良いです。

 

次に、コンパウンドを使用する場合必ず事前に洗車をして下さい。

理由は、ボディーに付着した砂埃などの異物により洗車をせずにコンパウンドを使用すると、その異物も一緒にコンパウンドに取り込まれ余計に傷付いてしまうからです。

雨の日におすすめしないのも同様の理由で、雨の中に含まれる砂埃などの異物により塗装が傷付くからです。

 

最後に、粘土クリーナーは広い塗装面を研磨する場合は必ず使用してください。

これも同じ理由で、ボディーに刺さった鉄粉が磨く事により取れ、ウエスに付着し鉄粉付きの布となり傷が付いてしまうからです。

 

最後に、初めてコンパウンドを使用する前には目立たない場所で一度試しましょう。

使い慣れていない場合、使用ミスや勘違いなどにより適していないコンパウンドを使用してしまうこともあります。

事前に、目立たない場所で使用することにより失敗を回避する事が出来ますので、是非おすすめします。

 

スポンサーリンク

塗装に付いた傷を磨いてきれいにした後の処理

 

前述でもご紹介しましたが、車のボディーに付いた傷を塗装を磨いて消した場合、コンパウンド入りのワックスは別として、特にノーシリコーンのコンパウンドで磨くと塗装そのものとなってしまいますので、必ずコーティング剤を使用してください。

コーティングをしないとどうなるかと言うと、まず紫外線にさらされて塗装の劣化が早まりますし、空気中の塵や砂埃などで傷が付き易くなりますし、雨が降れば酸性雨にさらされる事となり更に劣化が早まります。

 

車のコーティング剤は、紫外線カットの薬剤や皮膜により砂埃などでの傷防止、撥水や親水性能により雨を弾く事によって、塗装を守っているのです。

 

新車や、比較的新しい車を磨いた場合には塗装をガラス質に変えてくれるコーティング剤もありますのでおすすめです。

→『塗装をガラス質に変えるコーティング剤』

 

では、磨いた後のコーティングを施工する前に必ず行って頂きたい作業《脱脂》があります。

コンパウンドは、メーカーによりノンシリコーンのものや水性、油性の物と色々とあります。

水性でノンシリコーンのものならば、そのままコーティングを施工しても問題ないのですが、油性であったりシリコーン含有のコンパウンドだと、塗装面に油膜があったりシリコーン膜が出来る為コーティング剤が弾かれたり直ぐに剥がれたりしてしまいます。

それを防ぐ為に、シリコンオフ(脱脂)と言う作業を行います。

 

スプレータイプは使いやすいのですが、容量も少なく車全体に施工出来る量ではないので、部分的に使用する場合にお使い頂けます。

 

車全体に施工したい場合は、スプレータイプのシリコンオフを2~3本用意するか、液体タイプのシリコンオフでウエスに着けながら拭き取るか、噴霧器を用意して使用する方法があります。

 

 

特に大型車、ワンボックスですとスプレー缶3本でも足りないかもしれません。

それに、1台だけに施工するならスプレー缶でも良いでしょうが、2台3台ともなれば液体タイプと噴霧器を使用したほうがコスト的にも大変お得になります。

 

更に、シリコンオフはステッカーを貼り付けたりする際にも使用しますし、内装で両面テープを貼り付ける際も使用出来ますのでおすすめです。

《※シリコンオフの種類によっては、内装に使用出来ないものもありますのでご注意ください。》

 

車をきれいに乗り続ける為には、ちゃんとした知識を知り実践することにより持続出来ます。

面倒臭いからと手を抜けば、車にはその跡がしっかりと刻まれ蓄積されていきます。

愛車を大事に長く乗り続ける事が出来るお手伝いになれれば幸いです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク

車検・メンテナンスカテゴリの最新記事