レクサス【リコール】CT200h燃料漏れの恐れ

平成29年12月6日、トヨタ自動車株式会社は車両に不具合があったとして国土交通省にリコールの届けを提出した。

対象車種はCT200hとなっています。

スポンサーリンク

 

レクサス リコール対象車の不具合箇所と状況及び、改善措置

 

不具合箇所は、燃料装置(燃料タンク)あるとしています。

不具合状況は、樹脂製燃料タンクにおいて溶着設備の条件設定が不適切な為、燃料タンクに対してインレットパイプが傾いた状態で溶着され、接合面が部分的に溶け込み不足となっているものがある。

その為、当該接合面がはがれて給油時や満タン時に燃料が漏れる恐れがあるとしている。

改善措置は、全車両の燃料タンクを良品と交換するとしています。

 

リコール対象箇所の不具合件数と事故、発見の動機

 

不具合件数は0件、事故は無しとなっています。

発見の動機は海外市場からの情報によるものです。

 

リコール対象車への周知措置と問い合わせ先

 

使用者には、電話またはダイレクトメール等で通知するとしています。

自動車分解整備事業者には、日整連発行の機関誌に掲載。

改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近に№4152 のステッカーを貼付する。

 

問い合わせ先

レクサスインフォメーションデスク TEL 0800-500-5577

スポンサーリンク

 

 

リコール対象車の型式と車体番号及び製作期間と台数

 

名称 CT200h

型式 DAA-ZWA10

車台番号 Z W A 1 0 – 2 2 9 3 3 5 2 ~ Z W A 1 0 – 2 2 9 9 3 0 6

製作期間 平成 28 年 11 月 21 日~平成 29 年 2 月 7 日

対象台数 640台

と、なっています。

 

スポンサーリンク

以上が、レクサス【リコール】CT200h燃料漏れの恐れのご紹介でした。

ご参考に役立てて頂けたら幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。