ジョーの雑談

日々の生活で役立つ事や気になった事等、色々書き綴っていきますので役立てて頂ければ幸いです。

*

スズキ【リコール】ワゴンR,フレアエンジン始動不能の恐れ

      2017/08/27

平成29年7月6日、スズキ株式会社は車両に不具合があったとして、国土交通省にリコールの届けを提出しました。

対象車種は、スズキ『ワゴンR』とマツダ『フレア』の2車種となっています。

スポンサーリンク

 

スズキリコール対象車の不具合箇所と状況及び、改善措置

 

不具合箇所は、電気装置(補助電源モジュール)となっています。

不具合状況は、電気装置(補助電源モジュール)の制御プログラムが不適切なため、減速時アイドリングストップになった状態から再加速に切り替わる過渡期に、スタータ機能付発電機に流れる大電流を過大と判断し、鉛バッテリーへの充電回路を遮断したままとする保護制御に入ることがある。

このため、表示灯が点滅しそのままの状態で使用を続けると充電がされていないため、鉛バッテリーが放電し、最悪の場合エンストやエンジン始動不能に至る恐れがあるとしています。

 

改善措置は、リコール対象車の補助電源モジュールの制御プログラムを書き換えるか、補助電源モジュー ルを対策品に交換する事となっています。

 

リコール対象箇所の不具合件数と事故、発見の動機

 

不具合件数は7件、事故は無しとなっています。

発見の動機は、社内からの情報によるものです。

 

リコール対象車への周知措置と問い合わせ先

使用者には、ダイレクトメールまたは電話で通知するとしています。

自動車分解整備事業者には、日整連発行の機関誌に掲載。

改善実施済車には、運転席側のドア開口部のドアストライカー付近にNo.4074のステッカーを貼付する事となっています。

 

問い合わせ先

お客様相談室 ℡0120-402-253

 

スポンサーリンク

 

リコール対象車の型式と車体番号及び製作期間と台数

 

名称 ワゴンR

型式 DAA-MH55S 

車台番号 MH55S-100066~MH55S-112188

製作期間 平成 29 年 1 月 27 日~平成 29 年 3 月 4 日

対象台数 8,160台

 

車台番号 MH55S-700025~MH55S-703809

製作期間 平成 29 年 1 月 27 日~平成 29 年 3 月 8 日

対象台数 2,227台

 

車台番号 MH55S-900074~MH55S-902805

製作期間 平成 29 年 1 月 27 日~平成 29 年 2 月 23 日

対象台数 1,369台

 

名称 フレア

型式 DAA-MJ55S

車台番号 MJ55S-100003~MJ55S-101021

製作期間 平成 29 年 2 月 1 日~平成 29 年 2 月 23 日

対象台数 744台

 

合計2車種、2型式、12,500台となっています。

 

以上が、スズキ【リコール】ワゴンR,フレアエンジン始動不能の恐れのご紹介でした。

ご参考に役立てて頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

関連記事

 - リコール車

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ