ジョーの雑談

日々の生活で役立つ事や気になった事等、色々書き綴っていきますので役立てて頂ければ幸いです。

*

【妊娠中の旅行】いつから?どれぐらい?注意点など

   

『妊娠中の旅行はいつ頃から行けるのか?』

『どれぐらいの距離まで大丈夫?』

『どの交通手段が良い?』

『選ぶ場所は?』

その他、妊娠中の旅行をする時の注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

 

妊娠中の旅行って大丈夫なの?

 

大抵、妊娠するとつわりや体調の変化が激しい為に『身体を大切にしなさい。』だとか、『じっとしていないと駄目だよ。』などと言われ、とても旅など出来ない様な感じに思われます。

ですが、家の中でじっとしていても逆にストレスが溜まり、身体的にも精神的にも良くありません。

ストレスが溜まると、【マタニティブルー】になる原因にもなるので、無理をしない程度に旅行に行くのは精神的にも良い事なので、是非マタ旅(マタニティ旅行)に出かけましょう。

マタ旅に行ける条件としては、定期健診で特に問題などがなく、体の調子も良いのであれば問題は有りません。

しかし、絶対に大丈夫というわけではないので、無理をせず近場でゆったりとくつろげる場所に行きストレスが発散出来て、リフレッシュ出来るような場所がおすすめです。

 

妊娠中に旅行に行ける時期は?

 

まず、一般的に安定期と言われる妊娠5~7ヶ月が比較的に安心して旅行が出来る時期となります。

それ以前では、流産の危険も高くつわりの時期でもあるので旅行を楽しむことも出来ません。

7ヶ月以降になると、お腹が張りやすくなるし早産になる可能性なども考えると、1泊程度でなるべく近場にした方が良いでしょう。

しかし、安定期の5~7ヶ月だからと言って長距離の旅だと移動中に体調を崩す事もあるので、なるべく離れた所への旅行は避けた方が良いでしょう。

まずは、掛かり付けのお医者様に相談して大丈夫だというお墨付きを貰うと安心ではないでしょうか。

 

妊婦の移動中の注意点

 

妊娠中は、トイレが近くなりやすいので移動中にトイレに行けるルートを選びましょう。

どうしても途中トイレが無いようなルートを通りそうならば、念のために簡易トイレを用意すれば安心です。

あと、妊娠中は血液量が増える為、血栓が出来やすくなります。

移動中に、同じ姿勢をとり続けた場合【ロングフライト症候群(血栓症)】(旧名:エコノミークラス症候群)になりやすいので注意しましょう。

移動中は同じ姿勢を長時間とらない様に、なるべく手足を延ばしたり、こまめに休憩を入れ身体を動かすようにし、水分補給もしっかりと摂るようにすれば防げるので、その点は心がけて旅行プランを立ててください。

もし、飛行機での移動を予定している時は、医師の委任状が必要な航空会社もあるので事前に確認をしておきましょう。

この様に、妊娠中の移動には普段と違い気を付ける事が多いので、時間に余裕のある旅行プランを立てましょう。

移動時間としては2~3時間ぐらいの距離が良いでしょう。

あまり長すぎると、身体に負担が掛かってしまい体調を崩すこととなってしまいます。

時期によって身体が冷える事が多いので、ちょっと上に羽織る上着やブランケットなどの物を準備しておくといいでしょう。

この他では、健康保険証はもちろんですが母子手帳も一緒に持って行きましょう。

万が一旅行先で体調が悪くなって、現地の病院に掛かる時に診察がスムーズに済みます。

 

スポンサーリンク

 

妊婦が行ける場所や宿の選び方

 

やはり、妊娠中ということもあり普段なら大丈夫な場所でも駄目な場所が多いでしょう。

もちろん、遊園地など身体に負担の掛かる場所はNGですし、人が多く集まるようなイベントや場所も避けるべきでしょう。

他に注意する点としては、歩く距離や階段が多いなど負担が掛かる場所は事前にチェックして避けましょう。

それに、海外はさけるべきでしょう。

もし、海外で出産した場合巨額の出費になります。

つい最近も、沖縄で台湾人の夫婦の方が旅行中に出産して、600万円という医療費が掛かっていました。

そう言った事態にならないためにも、海外旅行は避けるべきでしょう。

妊婦に良い場所といえば、森林浴でリラックス出来る場所や、広大な眺めの海辺でゆったりするなど、自然を満喫出来て感動出来るような場所を選びましょう。

山や海と言っても、そこに行く為に険しい道のりになっている場合は駄目ですので、事前に道のりなどを調べて下さい。

それと、町までの距離が遠くない場所を選びましょう。

もし、旅行中に産気づいた場合は、なるべく早く病院まで行かなければなりません。

距離が遠いと焦ってしまい、余裕が無くなってアクシデントになりやすいです。

なるべく、余裕が持てるように病院まで時間が掛からない場所で旅行日にちゃんと開いているかも確認しておけば、いざという時にも安心です。

 

 

宿の選び方ですが、最近では妊婦さんに優しい旅館やホテルが増えています。

マタニティプランが設定されている所など、ベッドが低い設定だったり、和室に限定されていたりするので、事前にしっかりと確認しましょう。

それと、温泉地などの場合、妊婦では入れない温泉もあったりしますので確認を取っておきましょう。

マタニティプランの無い宿の場合、妊婦だと泊めてもらえない事もあるので、予約する前に大丈夫か確認してください。

 

妊娠中の旅行で注意すべき点

 

安定期だからといって、絶対に大丈夫というわけではありません。

普段と同じようにとはいかないので、事前にイメージトレーニングや下調べをしましょう。

 

・移動中は座ったままが多いので、何分おきにちょっと身体を動かすという事を決めておく。

・移動中に著しい体調変化があった場合、妊婦を診てくれる病院がどこにあるのか調べておく。

・水分はしっかりと捕る。

・急に動いたり、重い物を持ったり、足場の不安定な場所には行かない。

・身体を冷やさないように気を付ける。

・少しでも体調が悪くなったら、無理して動かずまずは休みましょう。

・掛かりつけ医の電話番号は必ず記録して行く。

妊婦の旅行は、よほど無理をしなければトラブルになることはありません。

もし、トラブルが起きた場合は元々体調が悪かったか、旅行に行く前に感染しておりたまたま旅行中に発症した場合が多いようです。

このことからも、普段から体調管理を心がけ、妊娠経過を良好に保っていればトラブルは起きにくいでしょう。

 

妊婦が旅行に必ず持って行く物や持って行くと役に立つ物

 

まず、必ず持って行くべきものは、健康保険証・母子手帳・処方されている薬

また、普段使っているケア用品も忘れずに持って行きましょう。

その他持って行くと役に立つ物は、ブランケット・クッション・ポリ袋・簡易トイレ(車移動などすぐに行けない場合)・生理用品(不正出血などがあるかもしれないので)。

 

最後に、マタニティ旅(マタ旅)は妊婦さんがリフレッシュする為に行くので、無理な日程や場所は禁物です。

また、旅行に行くからと準備などで過敏にならないように、ゆったりと夫婦お二人、もしくはお友達とストレス発散になるように楽しみながら準備しましょう。

 

良い記念になるよう、身体の状態に気を付けてお腹の赤ちゃんと一緒に楽しい思い出の旅にしてください。

 

以上が、【妊娠中の旅行】いつから?どれぐらい?注意点などのご紹介でした。

ご参考に役立てて頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

関連記事

 - 赤ちゃん・子供, 旅行・宿・民泊

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ