ジョーの雑談

日々の生活で役立つ事や気になった事等、色々書き綴っていきますので役立てて頂ければ幸いです。

*

ダイハツ【リコール】キャスト約6万2千台バッグドアで負傷の恐れ

   

平成29年5月25日ダイハツ工業株式会社は、車両に不具合があったとして国土交通省にリコールの届けを提出しました。

リコール対象車種はキャスト、61,847台となっています。

スポンサーリンク

 

ダイハツ リコール対象車の不具合箇所と状況及び、改善措置

 

不具合箇所は、車体のバックドアのステーとなっています。

不具合状況は、バックドアのガス封入式ステーにおいて、外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切な為、沿岸地域など塩分の多い場所で使用していると、その影響で腐食することがある。

そのため、そのままの状態で使用を続けると腐食が進行し、外筒が膨らみエンドキャップが割れ、バックドアを開く際に外筒が破損し、最悪の場合、周囲の人が負傷する恐れがある。

改善措置は、全車両のバックドアステーを対策品と交換するとしている。

 

リコール対象箇所の不具合件数と事故、発見の動機

不具合件数は0件、事故は無しとなっています。

発見の動機は、仕入先からの情報によるものです。

 

リコール対象車への周知措置と問い合わせ先

使用者には、ダイレクトメール等で通知するとしています。

自動車分解整備事業者には、日整連発行の機関誌に掲載。

改善実施済車には、運転席側のドア開口部のドアロックストライカー付近にNo.4047のステッカーを貼付する事となっています。

問い合わせ先

ダイハツお客様コールセンター  ℡ 0800-500-0182

 

スポンサーリンク

 

ダイハツ【キャスト】リコール対象車の型式と車体番号及び製作期間と台数

 

型式 DBA-LA250S

車台番号 LA250S-0000067~LA250S-0051023

製作期間 平成27年8月31日~平成28年3月30日

対象台数 50,949台

 

型式 DBA-LA260S

車台番号 LA260S-0000065~LA260S-0010966

製作期間 平成27年8月31日~平成28年3月30日

対象台数 10,898台

 

合計2型式、61,847台となっています。

 

以上が、ダイハツ【リコール】キャスト約6万2千台バッグドアで負傷の恐れのご紹介でした。

 

ご参考に役立てて頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

 - リコール車

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ