ジョーの雑談

日々の生活で役立つ事や気になった事等、色々書き綴っていきますので役立てて頂ければ幸いです。

*

スバル【リコール】フォレスター約3万4千台エアバッグに不具合

      2017/04/10

 

平成29年3月30日、富士重工業株式会社(スバル)は車両に不具合があったとして、国土交通省にリコールの届けを提出した。

対象車種は、フォレスターとなっています。

スポンサーリンク

 

スバル フォレスターリコール対象車の不具合箇所と状況及び、改善措置

 

不具合箇所は、助手席エアバッグ装置(インフレーター)となっています。

不具合状況は、助手席側エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切な為、温度及び湿度の変化を繰り返すことによりガス発生剤が劣化することがある。

そのため、エアバッグが展開した場合、インフレータ容器が破損するおそれがあるとしている。

改善措置は、全対象車両の助手席側エアバッグインフレータを対策品に交換するとしている。

なお、部品が供給できない場合には、暫定措置として助手席側エアバッグの機能を停止し、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示することとなっています。

 

リコール対象箇所の不具合件数と事故、発見の動機

不具合件数は0件、事故は無しとなっています。

発見の動機は、仕入れ先からの情報です。

 

SUBARU リコール対象車への周知措置と問い合わせ先

使用者には、ダイレクトメール等で通知するとしています。

自動車分解整備事業者には、日整連発行の機関誌に掲載。

改善実施済車には、運転席側のドア開口部のドアストライカー付近にNo.4006のステッカーを貼付する事となっています。

問い合わせ先

SUBARU お客様センター SUBARUコール ℡0120-052215

 

スポンサーリンク

 

リコール対象車の型式と車体番号及び製作期間と台数

 

名称 フォレスター

型式 CBA-SH5  

車台番号 SH5- 046655~SH5 – 051852

製作期間 平成 22 年 1 月 7 日~平成 22 年 4 月 14 日

対象台数 145台

 

型式 DBA-SH5

車台番号 SH5- 046610~SH5 – 064139

製作期間 平成 22 年 1 月 6 日~平成 24 年 6 月 8 日

対象台数 13,557台

 

型式 CBA-SH9

車台番号 SH9- 002001~SH9 – 004281

製作期間 平成 22 年 10 月 1 日~平成 24 年 5 月 28 日

対象台数 988台

 

型式 DBA-SHJ

車台番号 SHJ- 002001~SHJ – 026050

製作期間 平成 22 年 10 月 1 日~平成 24 年 6 月 13 日

対象台数 19,371台

 

以上が、スバル【リコール】フォレスター約3万4千台エアバッグに不具合のご紹介でした。

ご参考に役立てて頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 - リコール車

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ