ジョーの雑談

日々の生活で役立つ事や気になった事等、色々書き綴っていきますので役立てて頂ければ幸いです。

*

フィギュアスケート2016四大陸選手権放送日程と開催地・出場選手

      2016/02/14

 

people-1135050_640

フィギュアスケート4大陸選手権の日程と開催地、

出場選手は確定では無いですが分かっている範囲でご紹介します。

世界のトップスケーターが集う大きな大会の一つ、四大陸選手権が開催されます。

全米王者、日本女王、カナダ王者、若手のホープが軒並み顔を揃えた大会となりますので

フィギュアスケートファン必見です。

 

おすすめ記事

・2016年【雛人形三段飾り】おすすめの人気ブランドメーカー選び

・【京都観光おすすめの宿】京都市内の人気宿卒業旅行にも

・おすすめ自動車学校【北陸・東海の合宿免許人気ランキング】

・格安国産タオル【B級品など販売ショップ】のご紹介

 

スポンサーリンク

 

フィギュアスケート2016四大陸選手権日程と開催地

 

【開催期間】

2016年2月16日(火)~2016年2月21日(日)

開催地・台湾 台北 台北アリーナ

・日本との時差は1時間程

 

【放送日時】

2月18日(木)

19:00~20:54

女子ショートプログラム

 

2月19日(金)

21:00~22:52

男子ショートプログラム

 

・2月20日(土)

21:00~23:10

女子フリースケーティング

 

・2月21日(日)

19:00~21:54

男子フリースケーティング

エキシビジョン

 

 

フィギュアスケート2016四大陸選手権・日本出場選手

 

 

【男子】

・宇野昌磨

・無良崇人

・田中刑事

 

【女子】

・宮原知子

・本郷理華

・村上佳菜子

 

【ペア】

・須藤澄玲/フランシス・ブードロ・オデ

 

【アイスダンス】

・村元哉中/クリス・リード

・平井絵己/マリオン・デ・ラ・アソンション

 

スポンサーリンク

 

フィギュアスケート2016四大陸選手権・海外出場選手

 

 

・海外選手はまだ確定になっていませんが分かる範囲でご紹介します。

 

*2016年1月の現時点

 

【アメリカ】

ポリーナ・エドムンズ

グレイシー・ゴールド

長洲未来

マックス・アーロン

グラント・ホクスタイン

アダム・リッポン

 

【カナダ】

パトリック・チャン

 

 

 

フィギュアスケート2016四大陸選手権・出場選手情報

 

 

このメンバーだけでもかなりの顔ぶれになりそうですね。

 

全米3位だったアシュリー・ワグナー選手は辞退したとの情報です。

 

全米優勝のグレイシー・ゴールド選手は今勢いに乗ってます。

乗っている時は非常に高い得点を叩き出す選手ですので、

ゴールド選手が日本女子選手たちの最大のライバルになる事は間違い無いでしょう。

 

全米2位のポリーナ・エドムンズ選手もショートプログラムではグレイシーを押さえ、1位に立ったすばらしい選手です。

要注意ですね。

 

そして男子のアダム・リッポン選手、カナダのパトリック・チャン選手

両方共にベテランの選手で、

今回辞退した浅田真央選手とも同世代の選手達です。

やはり土壇場の強さと足元のスケーティングは彼らベテランの醍醐味ですので、

ジャンプだけでなく、全米王者とカナダ王者の滑りに注目して頂きたいです。

 

日本女子ですが、

台湾側から当初、日本側に対して浅田選手と羽生選手の派遣をとの要請があったと言う事で、

おそらく中国圏で人気の高い羽生結弦選手と浅田真央選手の招致を望んでいたのでしょう。

 

羽生選手は日本選手権直後に四大陸選手権は辞退、

浅田真央選手も1ヶ月前に世界選手権の調整の為に辞退となりました。

 

浅田真央選手はこれで良いと思います。

復帰1年目に無理に体調を押して出場しても怪我の元。

その年齢ごとでのピーキングのやりかたがありますのでゆっくりで良いと思いますし、

結果を急ぎすぎずとも、元々素晴らしい技術を持っている選手なので

あっという間に勘なんて戻ると思います。

パトリックも同じような調子ですし、やはり1年のブランクは想像以上なのだと思います。

 

ともあれ、二人とも四大陸選手権は辞退となりましたので台湾側は少し残念かもしれませんね。

ですが、日本女王である宮原知子選手と鮮烈なシニアデビューを果たした、

これもまた人気上昇中の宇野昌磨選手が出場しますので

是非この二人の素晴らしさを現地の方に見て欲しいです。

二人とも18歳とは思えぬ大人っぽいスケーターで、

それこそ二人そろって小柄なのに大きな存在感を持つ二人でもあり、日本の誇る選手達ですね。

 

本郷理華選手は日本人離れした大きな体格と長い手足を駆使した演技が魅力です。

個人的には宮本先生振り付けのリバーダンスが好きですが、キダムも個性的ですね。

彼女の手足の長さを充分に生かしているリバーダンスは必見です。

今季はエキシビジョンナンバーに至るまで、全てがハツラツ系なので、

来季はもう少し伸びやかな演技も観てみたい気もします。

まだ今季終わって無いのに早いですね、すみません(笑)

 

村上佳菜子選手は今回、浅田真央選手の辞退に伴い、補欠繰上げでの出場となりました。

ですがこれはチャンスですよ、今季フリーでの失敗が相次ぎ少々不本意な結果となっていましたね。

これは最後の最後でイメージを挽回するチャンスです。

個人的にはまだまだ、やれる!って思ってます。

完璧に演技出来れば天辺狙えると思いますよ!

なんと言ってもスケーティングの進化は素晴らしい。

彼女ももうベテランなんですねと、つくづく思います。

頑張れかなちゃん!

 

無良選手も今季はとても頑張っていましたね。

アイスダンスの選手チャーリー・ホワイトに振り付けを依頼。

足元が非常に難しいプログラムに挑戦し、結果を出しました。

四大陸選手権では強豪も揃いますが、無良選手も充分能力の高い選手ですので、

ぜひとも表彰台をと願っています。

 

田中刑事選手も今季頑張っていますね。

年齢的には羽生選手と同期ですが、凄く大人な魅力の持ち主。

彼は台湾と日本のハーフですので、母国凱旋のような試合になるのかなと思います。

出場出来てよかったですね。

台湾のファンを多く獲得して戻って来て下さいね。

そして彼にもまた表彰台期待してしまいますね。

頑張って下さい!

 

以上フィギュアスケート2016四大陸選手権日程と開催地・出場選手のご紹介でした。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 - フィギュアスケート

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ