ジョーの雑談

日々の生活で役立つ事や気になった事等、色々書き綴っていきますので役立てて頂ければ幸いです。

*

フィギュアスケートGPファイナル2015【バルセロナ】男子・女子最終結果

      2015/12/14

 

フィギュアスケートグランプリファイナル2015

男子・女子フリースケーティングが行われました。

 

 

格安B級品など国産タオルのご紹介

ショートプログラムでは男子は概ねの予想通り。

 

そして、女子もロシアの新星エフゲニア・メドベージェワが

GPシリーズを通しての好調をキープし首位。

 

3位にはベテランの演技が際立つ浅田真央。

 

4位に僅差で宮原知子が付け、

ほぼ全員の選手がまだ巻き返せる範囲に付けました。

 

男子よりも女子の混戦が予想されるフリースケーティング。

 

どんな結果になったでしょうか。

 

それでは結果です。

 

スポンサーリンク

 

グランプリファイナル女子結果

 

 

【女子】

 

1.エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)222.54

2.宮原知子(日本)208.85

3.エレーナ・ラジオノワ(ロシア)201.13

4.アシュリー・ワグナー(アメリカ)199.81

5.グレイシー・ゴールド(アメリカ)194.79

6.浅田真央(日本)194.32

 

 

 

グランプリファイナル男子結果

 

 

【男子】

 

1.羽生結弦(日本)330.43

2.ハビエル・フェルナンデス(スペイン)292.95

3.宇野昌磨(日本)276.69

4.パトリック・チャン(カナダ)263.45

5.ボーヤン・ジン(中国)263.45

6.村上大介(日本)235.49

 

 

 

 

男子ジュニア、女子ジュニアは共に銅メダルに

本田真凜選手山本草太選手が。

おめでとうございます!

真凜ちゃんは初のグランプリシリーズ出場での快挙です。

 

今後も順調に伸びてきそうな素晴らしいポテンシャルの持ち主ですね。

応援してます。

 

 

 

女子結果の感想

 

 

女子の結果を見て、

やはりショートプログラムで僅差だった場合

メンタルが重要な事と、

小さなミスであってもミスをしたら台に乗れないという

厳しい時代に突入したのだな、と実感しました。

 

力が拮抗している現在の女子フィギュアはとても面白い。

どんぐりの背比べなどど揶揄する人もいますが、

ベテラン、若手入り混じって誰が優勝するか分からないなんて凄く無いですか?

 

ただ、メドベージェワの技術点には非常に納得しているのですが、

PCSで9点台が並ぶというのは。。。。汗

 

この実力者の中、まだジュニアから上がったばかりの選手にこれはw

と疑問に思ってしまうのですが。

 

これまでの選手達はどんなに実力があってもジュニアから上がりたての頃はPCSはかなり抑えられて、

試合で何年も台に乗り続けてやっと評価が貰えるという感じでした。

 

浅田真央でも例外ではありません。

宮原知子もです。

宮原選手はこの大会に来てやっとという感じです。

 

今回のプロトコルによると、今回のPCSの最下位はなんと宮原知子。

銀メダリストのPCSがですよ?

 

そしてTOPはメドベージェワです。

金メダリストと銀メダリストのこのPCSの差はどうなんでしょうか。

 

宮原知子はシニアの経験も、もう充分積んで来て居ます。

一年目のメドベージェワと5点近くも差が出るでしょうか?

 

その辺りのさじ加減はもうジャッジしか分から無いですが。

 

優勝候補筆頭に上げられていたグレイシーと

やはり期待値の高かった浅田真央が沈む結果となり僅かな差で5位と6位。

 

アシュリーは流石のドヤ!で4位浮上。

 

宮原知子は安定の演技で2位にまで上がり、

ラジオノワはなんだかんだ言ってもやっぱり台乗りを決め。

 

1位は納得のメドベージェワ。

 

メドベージェワの1位は誰もが認める所です。

 

惜しいのはやはりグレイシーと浅田真央。

二人の共通点は爆発力が凄い事。

 

ちゃんと出来れば世界に敵無しの存在になる逸材な事。

そしてジャンプの好、不調の波が大きい事。

 

二人ともフィギュア界では高身長のほうですし、

ジャンプのコントロールは体重の軽いジュニアや小柄な選手に比べると難しいと思います。

 

ですが、決まった時の迫力は半端無いです。

 

だから応援したくなるのです。

 

どんなに失敗しても次があるよ!と思うのです。

 

見たいんですね、こういう選手の完璧な演技とガッツポーズを。

ファンはその瞬間を待ち望んでいます。

 

 

全日本、全米選手権、

グレイシーも真央ちゃんも頑張って女王になって欲しい。

 

そして世界選手権で二人の激突が見たい。

 

それはとても面白い戦いになりそうです。

 

期待しています。

 

スポンサーリンク

 

 

男子結果の感想

 

 

男子の結果はやはり羽生選手の圧勝となりましたね。

 

またもや世界歴代最高得点という偉業を達成しての優勝でした。

 

ここまで来ると敵はもうほんとに居ない。

 

国際試合でこの点数なら全日本ではどうなってしまうやら。。笑うしか無いです。

男子はどうなっちゃったんでしょう。

 

これからもますます活躍していくでしょう、応援してます。

 

ジュニアに上がりたての頃、うまいなぁこの子って見てました。

 

2012年にニースの世界選手権でのロミオを

倒れやしないかというくらい必死に演技していた彼が

ソチでオリンピック金メダリストになり、

それ以降中々パーフェクトな演技が出来ず中国杯での事故。

 

腹部の手術。

今季、GPシリーズカナダ大会でのSPでの失敗。

 

FSでの巻き返しを経てのこの2試合連続の世界歴代最高得点の嵐。

 

 

ずっと観てきた者からすると非常に感慨深いですね。

負けず嫌いというだけではここまで出来ないでしょう。

 

必死に練習するのはどの選手も同じ。

でも自分の実力を本番で出すのはベテランでも至難の技。

 

素晴らしいです。

 

 

 

宇野選手も技術点100超えですね。

このFS、トゥ-ランドットは彼の代名詞になる程素晴らしいと思います。

 

観客を引き込む力、吸引力と言いますか(笑)

それが凄いですね。

 

羽生選手も宇野選手もとんでも無い逸材が日本に同時期に現れたのは

かつての真央美姫の並びを見ているようで嬉しいです。

年齢差も同じくらいかな?

 

 

女子もまさに1トップでは無い時代。

 

日本もロシアも凄い国内競争です。

 

ミスすればベテランでも負ける。

これは正常なシステムだと思います。

 

しっかし羽生君のPCS、GOE(出来栄え点)が凄いですね;

 

GOEなんて3のオンパレードw

2名のジャッジが3しか付けて無いですね。

これ以上出ないってくらい出きってます(笑)

 

さっきも言いましたけど全日本でこの完璧な演技ならば

演技構成点オール10

出来栄え加点オール3

なんていう今後誰も出せないような得点が出そうで恐ろしいですw

 

ちょっと怖い物見たさで見たい気もしますがやっぱ怖いw

 

 

 

まとめ

 

 

この後エキシビジョンが行われますが、

おそらく、

各種目上位3名のメダリストのみの出場となりますので、

 

浅田真央選手、村上大介選手、アシュリーやグレイシー、パトリックの

エキシビジョンは見られないと思います。

 

楽しみにしていましたが選手はもっとでしょうね。。。

 

バンケット楽しんで各選手無事帰国してきて下さいね!

 

 

 

個人的には

浅田真央ちゃんが全日本で宮原知子ちゃんとパーフェクト対決を期待してしまいます。

 

真央ちゃんはグランプリシリーズにピークが合わなかったのでしょうね。

JO(復帰初戦)にピークを持っていってしまった。

 

いくらベテランでもこういう事は多々あるのです。

実際に現世界女王であるタクタミシェワはファイナル進出なりませんでした。

 

デニス・テン選手もスロースターターです。

 

そういうものだからこそ世界選手権が面白いのです。

 

全選手、気持ちは既に全日本や全米選手権、

欧州選手権、ロシア選手権などの国内選手権に向いているでしょう。

 

そして、そこを乗り越えた先に世界選手権が待っています。

 

ファンは心待ちにしています、楽しみに待ちましょう。

 

 

次は全日本選手権!

 

時間があれば各国の選手権の結果を記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

サブ管理人のヒロでした。

 - フィギュアスケート

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ