ジョーの雑談

日々の生活で役立つ事や気になった事等、色々書き綴っていきますので役立てて頂ければ幸いです。

*

格安で車検準備【ドライブシャフトブーツ】の交換を自分でやってみよう

      2017/02/05

 3b5699313cd35649a664f64968ddf20f_s

車検等の点検項目にも入っている

ドライブシャフトブーツ(通称ドラシャブーツ)の交換を、自分でやって工賃を浮かして車検代の節約を図ってみました。   

スポンサーリンク
 

 

ドライブシャフトブーツ(ドラシャブーツ)とは?交換工賃は?

 

ドライブシャフトブーツとは、駆動輪に付いていて、エンジンからの動力をタイヤに伝えるためのシャフトの繋ぎ目繋ぎ目部分に、石つぶや砂埃などの異物から守る為に装着されているゴム製のブーツのことです。

駆動方式により前か後ろと違うのですが、FFならば前輪に、FRならば後輪4WDだと前後両方と言った具合で着いています。

FF、FRなど聞き慣れない方もいるかと思われますので、ご説明します。

FF,FR,RR,MR,4WDとエンジンと駆動方式によって5タイプに分かれており、4WD以外の4タイプは最初のアルファベットがエンジンの位置を示しており、Fはフロント、Mはミッド、Rはリアとなります。

また、2文字目のアルファベットは駆動部を示しており、Fは前輪駆動、Rは後輪駆動となっています。

このドライブシャフトブーツは、車検時に破れ、もしくは酷い亀裂があると通りません。

ブーツに亀裂や破れがある場合、必ず交換をしなければなりませんが、この交換をしてもらうのに結構工賃が掛かります。

大抵は交換時に、どちらかのブーツ片方が破れていたとしても左右両方交換します。

 

ドライブシャフトブーツの交換工賃

 

片方の交換工賃で6000円~8000円、(高い所で1万を超えるところもあるようです。)両方で倍の1,2000円~1,6000円になります。

そして、ブーツ代が非分割式で1個1,000円~2,000円程度で、分割式だと3000円~5000円程します。

ただし、あくまでもブーツのみの交換工賃の価格なので、非分割式のブーツでドライブシャフトを抜いて交換した場合、ギアオイルが漏れるためオイル代が追加になる事もあります。(良心的なショップなどでは込みの値段になっている場合があるようです。)

 

 

分割式ドライブシャフトブーツとは?

 

ドライブシャフトブーツ自体に最初から切れ目のあるもので、その切れ目に専用の溶着剤が付属されていて、ドライブシャフトに通した後にその溶着剤を使用し切れ目を接着することにより、ドライブシャフトを抜く必要なく交換が出来るというものです。

勿論、ドライブシャフトを抜かないのでオイルも抜けることが無いので、オイル交換の必要もなくさらに費用がお安く済みます。

非分割式のブーツだと、ドライブシャフトを抜かないと作業が出来ませんが、分割式のブーツは抜かなくてもそのままで交換できることにより、作業時間が大幅に短縮出来る優れ物です。

 

最近では、ディーラーでも分割式のブーツを使う事が多くなっているようですが、なぜか工賃は相変わらずそのままの値段です。

分割式のブーツを使う事によって、かなり整備時間が短縮されますので、結果時給が上がって効率が良いという事なのでしょう。

 

ここでは、分割式のブーツを使った交換の方法を説明しますので、ブーツ費用は少し高くなりますが自分で交換することにより工賃を大幅に削減出来ます。

ですので、トータルで見るとかなり費用を抑えることが出来るでしょう。

 

スポンサーリンク
 

注目記事

・KURE LOOX【クレルックス】曇り黄ばみくすみのヘッドライト磨き使用結果

格安国産タオル【B級品など販売ショップ】のご紹介

車内装【サテライトスピーカー】音質UP

車DIYおすすめ車種別【内装シートカバー】装着するだけドレスアップカスタム

・車検を安くする【ユーザー車検】準備のやり方

・車DIY【格安でバッテリー交換】おすすめ購入者無料再生付き

 

ドライブシャフトブーツの状態と交換の目安

 

先ずは、車の下の駆動輪のタイヤの裏側にある部分がドライブシャフトブーツなので、破れや亀裂がないか確かめましょう。

交換の目安は、劣化や損傷による亀裂や破れがある場合に交換となります。

  2015-10-11_160543 これが、正常なドライブシャフトブーツです。

(通常の状態の画像が無いため、交換後の画像となっています。)

 

破れるとこのように、ドラシャブーツ1

グリースが外に飛び散るほど破けてましたw

これでは車検には通りませんね。

さっそく交換したいと思います。

 

【京都観光おすすめの宿】卒業旅行にも京都市内の人気の宿

おすすめ【雛人形】人気ブランドメーカー選び方

車DIY内装プチリメイク【ドアパネル張替え】カスタム

 

車検準備の為に、自分で分割式ドライブシャフトブーツでブーツ交換

 

 

今回交換するドライブシャフト(ドラシャ)ブーツは、分割式を購入しました。

2015-10-12_232956      

 

分割式ドライブシャフトブーツ交換方法

 

さて、まずは今付いているブーツを撤去します。  

外すには、赤い矢印の所にバンドが2箇所付いているのでそれを切ります。  

2015-10-12_233835

バンドを切るのはニッパーで切りました。

ですが、

ブーツバンドを切断したり締め付けたり出来る、こんな便利なものもあります。   

 

バンドが切れたら、ニッパーかカッターで、ゴムも切って取ります。  

 

ゴムを取ると、根元の赤丸で囲った部分にグリースがたっぷりと付いているので拭き取りましょう。  

画像はグリースを拭き取った後です。(ちょっとピントがずれてて申し訳ありません。)2015-10-12_234312    

 

取付の準備が整ったら、ブーツの取り付けにかかります。    

購入したブーツは溶着剤入りのやつで、これ単体で接着します。  

大抵の分割式ドライブシャフトブーツは、ホッカイロの様な物が入っており接合部分を暖めて使用する溶着剤が多いようです。  

 

ブーツの切れ目に、垂れない様にたっぷりと溶着剤を塗布してカパッっとはめ込んで放置です。  

何分だったかは忘れたのですがそんなに長い時間ではなく、15分とか20分ぐらいだったと思います。  

が、そこは気にしないで反対側の作業をすれば時間経ってました。

 

  ドラシャブーツ3    

次に、先程グリースを拭き取っているので新しいグリースを付けてあげましょう。

このグリースも、セットの中に入っていますので別に用意する必要はありません。  

ですが、私は付属のものがどんなグリースなのか分からなかったので、調べてみると良さそうなグリースがありました。

 

WAKO’sルブコールグリースです。  

 

こちらをたっぷりと付けたら付属のバンドで締めます。  

このバンドを締めるのに私は、ラジオペンチとマイナスドライバーを使用して締めました。 ドラシャブーツ5    

これで完成となります。    

意外と簡単に出来ますので皆様も是非チャレンジしてみてください。

 

ちなみに後日、車検を受けて無事合格を貰えました。

車検はユーザー車検で受けました。

ユーザー車検の記事はこちらからどうぞ。

 

 

他の車注目記事

・【ヘッドライトの曇りや黄ばみ】市販で出来なかった方必見!きれいに取る方法!

・車DIY!【ヘッドライトに光物LED・CCFLイカリング】ドレスアップカスタム

・車DIYおすすめ【人気のガラスコーティング剤】

 

 

以上が、格安で車検準備【ドライブシャフトブーツ】の交換を自分でやって車検代を安くするご紹介でした。

 

ご参考に役立てば幸いです。

スポンサーリンク
 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 - 外装

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ